カテゴリ:ケンチクもろもろ( 70 )

スタジオの締め切りも近く・・・

眠い zzz

今学期、私の大学では、製図課題が、スタジオ制といって、各スタジオで出された課題内容を見て各自選択できます。で、その締め切りがほぼあと1週間後にせまってきました。。。。。
学期に1つの課題なので、これまで散々、ながきにわたり迷いに迷ってきたのですが、もう、迷うことなく最終プレゼンに向け、ものを纏め上げていかなければなりません。
私は・・・

今回、相当悩みぬいていて、一瞬はげそうになったくらい。。
でもまぁ何とか形的にはこれで良いかなというものが見えてきました。

ただ、、イマイチ、この形にストーリーが見出せないのです。
そもそも私は形先行のところがあって、プログラム構築は苦手とするところであるのですが、今回はその弱点がモロ出てきてしまった状況で。。


眠い目をこすりつつ、あともうすこしがんばってみます。
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-06-17 00:43 | ケンチクもろもろ

学生設計優秀作品 講評会@明治大学

c0000125_13372655.jpg
昨日は、明治大学で開かれている、Lemon画翠主催の学生設計優秀作品展、およびその講評会に行ってきました。

ちょこっとだけですがお手伝いさせていただいた友人も出品していて、いやはや凄い模型です・・・

出品者はみんな各大学の代表者なので、もうどれもレベルが高く、またその中から選ばれた十数人はさらに講評会でも建築家の先生を相手にきっちり自分の意見を述べていて・・・

いやはやりっぱでござる・・ にんにん


自分にも迫り来るこの卒論と卒製の恐怖からいまや逃げ去りたくなってきた弱気な私でござる
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-05-30 13:41 | ケンチクもろもろ

さてさて

c0000125_2225371.jpgいやはや、もう1週間もたってしまいましたが。。ようやっと藤森さん設計、「神長官守矢史料館 + 高過庵」 です。
ていうか、もはや高過庵の印象しか残っていない・・

われらは、神長官守矢史料館をめざしてきたつもりが、そのほんの鼻の先にあった高過庵を見つけるやいなや、だれともなく、猫夢中状態でそちらに吸い寄せられてしまいました。

c0000125_2231812.jpgそしてそのかわいらしい姿に夢中で写真をぱしゃぱしゃ・・・
c0000125_23362.jpg

と、そんなときおじいちゃんにはめっぽう強いわれらの仲間のうちの一人が、はしゃぎまくるわれわれののそばで農作業をもくもくとこなすおじいちゃんに話しかけてみたところ・・・・・・・



なんと、藤森さんのお父さんだったのです♪(ちなみに名前は藤森久雄氏)

それとしるやいなや我々はおじいちゃんのもとに駆け寄り、わーわーきゃーきゃー・・・


するとおじいちゃん・・「君たち、時間はあるのかぇ~」 

なんと、高過庵にいれてくれたのです!!!
c0000125_231360.jpg


いやぁ・・・楽しすぎ!お茶目すぎ!すっかりわれらはおじいちゃんのとりこ!
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-23 02:32 | ケンチクもろもろ

長野で遭遇したもの<番外編>

c0000125_128583.jpg
長野建築ツアーにて遭遇したものたち

トップ賞>> 製造工程を実況生中継してくれる自動販売機 with コーヒールンバ♪
辰野PAだったとおもう・・あまりの笑劇で記憶喪失・・
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-20 01:36 | ケンチクもろもろ

長野建築ツアー<その2>

さて、真向かいの旧小笠原家書院も満喫し、お次は、伊東豊雄さんの「まつもと市民芸術館」へ。
c0000125_0565095.jpg雑誌で外観しか見ていなかったので、ちょっと正直、期待はしていなかったのですが・・

いやはやその空間は「TOD’S」とかとはぜんぜん異なるものでした。
空間全体に色のついたもやのかかったような。。しっとりした色合いのある空間がそこには広がっていました。



c0000125_0584148.jpg建物全体の緩やかなカーブを描く形に呼応されるように内部空間も階段やスラブが緩やかな弧を描き、非常に有機的な形態を体全体で感じうる空間性をもっていました。

c0000125_115593.jpg
また、ここがしっかりとした濃密な色彩を持っているのも劇場というドラマティックな場にはとても適していると思いました。



 >>つぎは、神長官守矢資料館&”高過庵”だーーー
「照信ぅ~」
c0000125_114202.jpg

[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-18 01:04 | ケンチクもろもろ

長野建築ツアー<その1>

ということで、昨日の土曜日、前日より参加メンバーの一人の家に泊まりこみ、朝、4時半出発という強行スケジュールで一日で、長野にある以下の建築をめぐるツアーをこなしてきました。

1 小笠原資料館
2 まつもと市民芸術館
3 神矢官守矢資料館
  & 高過庵
4 茅野市市民会館 

c0000125_0471688.jpgまずは、小笠原資料館。長野の飯田市にあります。われらは、4時半出発のかいあってか、、朝の8時には到着しちゃいました。ちょうどサクラの見ごろできれいでした♪
ここは、南側にある、国の重要文化財「旧小笠原家書院」と対を成す建物となっていて、妹島さんのお母様が、小笠原家のご出身という縁で、妹島さん+西沢さんが小笠原家代々の資料を展示する、資料館設計をされたそうです。


c0000125_0514157.jpg
この建物全体の緩やかなカーブは、背後の山際に沿うように、その敷地の自然・地形・気候にそうように形作られているとのこと。
非常に繊細な、その場に溶け込んでいる、しずかなたたずまいの建物でした。。。

c0000125_1553270.jpg

管理人のおじさんがいい人で、30分も早く、開けてくれ、早速中へ!
建物の背後の緩やかなスロープをとおっていきます。
ガラスには城山の木々、空が映りこんでいて・・ 単純にきれいです。。



c0000125_1534890.jpg
中はこんなかんじ。 横にしたチューブ上の構造のようになっていて柱がほとんどない状態。
カーブもあいまって非常にパースのきいたながめになっていました。

>>まつもとに続く・・
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-16 14:02 | ケンチクもろもろ

研究室

いろいろありましたが、諸先生方のご尽力もあり、どうやら今年、卒業にむけて、卒業論文&卒業製作を取れることになりました♪ 
ということで、後は自分の努力次第。
単位取得にむけ、日々がんばってくことになります。
そして、研究室の面接も終わり、念願の大野研に入る事ができました。
と言いつつ、まだ自分がこの一年でどのような研究をしていきたいのか明確でないので、そのへん、早いとこ、考えをまとめていかなきゃと思う次第です。

いずれにしろ一安心。。。
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-16 13:55 | ケンチクもろもろ

OpenHouse0409

c0000125_19314176.jpg昨日の日曜、若松均さん設計の練馬の集合住宅のオープンハウスに行ってきました。
これは、以前、若松さん、西沢大良さん、藤本壮介さんの3人の指名コンペで、(新建築にのってた。。たしか)若松さんがとったものです。
c0000125_19331822.jpg
s字型の敷地で、そこにそれぞれ棟が配置されていて、その2棟が階段をつうじてつながっています。このつながった部分はこの密集した住宅地において、抜け道になりうるような、ちょっとした抜け感があっていいなと思いました。

c0000125_19541256.jpgただ建物の角がまるく面取りされていてさらに、以前のコンセプトのヨシズ??の名残という、手すりから伸びる、垂直のワイヤーが全体的にちょっと不思議な感じをかもし出していました。
あと外通路もちと水勾配かけすぎなのでは・・・ 自然と体が傾いてしまいます・・
(酔って帰ってきた日には落下事故がおきかねない傾き・・)

部屋はというと、「メリハリがきいている」ということなのでしょうか?部屋の内部は4,5パターンほどあって、ガラス張の水周りが縦長の部屋の真ん中にあるパターンが個人的にはおもしろいうなぁ~と思いました。その水周りの部屋はカーテンがつけられるようになっていたので、カラフルな水玉のカーテンでもかけたいなぁと・・一気に部屋がキッチュになりそう♪

あと、ロフト付の部屋は天井が、4Mくらいあるんじゃないかな・・やっぱ天井が高いってきもちいなぁ~っと思いましたね(チンリョウ15万だけど・・・・・・・・・)

ただ目についたのが施工のラフさ・・ いいのかなぁ~と思える箇所が何箇所かあって・・・・

これも、またメリハリなんでしょうか??
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-10 19:53 | ケンチクもろもろ

openhouse

c0000125_1416675.jpg昨日は、堀部安嗣さん設計による、中目黒にある家にいってきました。4つの垂直のボリュームが立ち上がっています。このボリュームの中に4つの階層があって、それぞれ部屋が配置されてました。
決して一つ一つの部屋は大きくないのですが、垂直的な広がりがあり、その実際の広さ以上に抜け感のある、気持ちのいい家でした。とくに屋上に上がっていくところのシーリングファンがきもちよかったです。。

c0000125_14224983.jpgまた、すだれを白く塗って、開き戸にしてあったり、暖炉があったり、そしてホタテの粉で塗られた壁など風合いのあるつくりや、微妙な開口の高さ、、また、各部屋ごとに天井の高さが変えてあるなど非常に細やかなこだわりなどが垣間見られ、その積み重ねがこの居心地の良さにつながっているのかなと思いました。

c0000125_14191744.jpgらせん階段。上空からの採光が素敵。
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-03-27 14:27 | ケンチクもろもろ

只今

c0000125_0564333.jpg旅行記を作成中。先週土曜から木曜まで、大学の建築旅行でかなりマニアックな視点で選別された京都・大阪のさまざまな建築を見て周り、さらにはその後、ひとりで直島まであしをのばしてきました。。その旅行記。

c0000125_12110.jpg昨年末のNY旅行でも旅行記をつくってみました。けっこうこれが楽しい作業♪
きったり張ったり、イラスト描いたり・・
人におみせできるような代物ではあーりませんが、自己満足してまふ。


まだ3日目までしかまとまってましぇん・・
明日またがんばろー

あと、無印良品のスクラップブック、、旅行記を作るのに最適だったのに、、今日買いに入ったら、もう販売終了って言われちまった・・

再販してくれーーーー
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-03-26 01:07 | ケンチクもろもろ