長野建築ツアー<その1>

ということで、昨日の土曜日、前日より参加メンバーの一人の家に泊まりこみ、朝、4時半出発という強行スケジュールで一日で、長野にある以下の建築をめぐるツアーをこなしてきました。

1 小笠原資料館
2 まつもと市民芸術館
3 神矢官守矢資料館
  & 高過庵
4 茅野市市民会館 

c0000125_0471688.jpgまずは、小笠原資料館。長野の飯田市にあります。われらは、4時半出発のかいあってか、、朝の8時には到着しちゃいました。ちょうどサクラの見ごろできれいでした♪
ここは、南側にある、国の重要文化財「旧小笠原家書院」と対を成す建物となっていて、妹島さんのお母様が、小笠原家のご出身という縁で、妹島さん+西沢さんが小笠原家代々の資料を展示する、資料館設計をされたそうです。


c0000125_0514157.jpg
この建物全体の緩やかなカーブは、背後の山際に沿うように、その敷地の自然・地形・気候にそうように形作られているとのこと。
非常に繊細な、その場に溶け込んでいる、しずかなたたずまいの建物でした。。。

c0000125_1553270.jpg

管理人のおじさんがいい人で、30分も早く、開けてくれ、早速中へ!
建物の背後の緩やかなスロープをとおっていきます。
ガラスには城山の木々、空が映りこんでいて・・ 単純にきれいです。。



c0000125_1534890.jpg
中はこんなかんじ。 横にしたチューブ上の構造のようになっていて柱がほとんどない状態。
カーブもあいまって非常にパースのきいたながめになっていました。

>>まつもとに続く・・
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2006-04-16 14:02 | ケンチクもろもろ
<< 長野建築ツアー<その2> 研究室 >>