本日はDia:Beacon と シーグラムビル

NYのほこりっぽさにやられ気味な私でしたが、今日はいい空気といい芸術に浸ることのできた日でした。
NY=マンハッタンではなく、ちょっと同じNYとはおもえない田舎に、非常にすばらしい美術館があります。
「Dia:Beacon」

もともとはDia Art Foundations というもともとはチェルシーにおけるアートスペースとして活動してきた団体がBeaconというHudsonRiver沿いに場所を移し、展開しているギャラリーです。まさしくチェルシーのポッシュな現代アートの作品群が特に、インスタレーション系の作品が、元々はナビスコのパッケージ工場であった建物において広々とかなりリッチ&見事に展開されています。c0000125_18342914.jpg

c0000125_18352391.jpgまずそのBeaconという場所のよさに感嘆。それからその内容にも感動。。。
(ただし写真撮影NGなので画像なし・・)
カタログ買っちゃいました


で、NYに帰る電車であらためてガイドブックを読み直し、あ、私はまだ大事なものを見ていない・・・と気づき、シーグラムビルとメットライフビルを見にいきました。

メットライフビルは「あ、そうか。これね」ぐらいの感想でしたが・・
シーグラムビルは「ムムッ」とすこし感動してしまいました。

均等な黒い柱?とガラスの一定のリズムが均質な外壁を生み出しており、その建物自体が本当にすくっと何か、機械のように無機質に、しかし明快さをもって垂直に立ち上がっていて。。

美しいとおもいました。純粋に。

モダニズムの極地なのでしょうか?これは
[PR]
by chel-chel-chelsea | 2005-12-24 14:20 | ケンチクもろもろ
<< 街でみつかたものさまざま1 復活、、そしてWTC >>