長崎県立美術館

c0000125_922867.jpg
この週末は、法事を兼ね、長崎に行ってまいりました。で、早速先日オープンしたての「長崎県立美術館 by 隈研吾」を見てまいりました。
”呼吸する建築” というのがテーマなようです。
の割には、この全身ルーバー?の概観はきれいなんだけど、うーんいまいち呼吸する建築というコンセプトとどうからみあっているのかいまいちわかりませんでした。

なかは、それぞれ常設展、企画展、県民ホール(ここでは県民による企画展が随時開かれるようだ)、それから講義室やこどもの遊び場などで別れていて、それぞれの展示でお金を払う仕組み。 ←これ、なんか嫌い。 面倒くさいし、トータルで結構、お金かかるのよねぇ~
県立なんだから料金はグーッとお安くしてもいいんじゃないかと思うのだが。

外観、内観ともに垂直性を強調したデザインで真ん中を流れる運河との対比でエレガントな空間ではあるのだが。。

いまいち新しさを感じなかったなぁ・・ 金沢に行ったときはその美術館のあり方にかなり感動したのだが・・


というわけで、一応、企画展でやっていたNYのWhitneyMuseum コレクションを見ておきました。


c0000125_931515.jpg

[PR]
by chel-chel-chelsea | 2005-08-01 09:31 | ケンチクもろもろ
<< 今日から 今日も元気に >>